【第2園】スイカ割り大会

保育園で育てていた小玉すいかの元気がなくなってきてしまい、まだまだ小さかったですが、収穫をしました。

毎日毎日「大きくなーれ」と水やりをしていた子どもたちは、とても嬉しそうでした。

 

中庭では、スイカが上手に割れますように!と祈りも込めて、“すいかの名産地”の歌を唄いました。

 

早速スイカ割り開始です。

「まっすぐだよ!」「みぎだよ!」様々な声が響き渡り、戸惑いながらも上手にすいかに当てていきます。

    

応援している乳児のお友だちも真剣な表情で割れるのを楽しみにしているようです。

やっと割れたときは、思わずガッツポーズで喜んでいました。

ほかのスイカは、包丁で切ってみました。種はたくさんあるけど、とてもおいしそうです。

とれたてのスイカは、とてもみずみずしくておいしかったです。

みんなたくさんおかわりをしました。

来年もまた、スイカをつくろうね!

 

たくさん食べた後は、念願の水あそびです。

みんなニコニコでいい笑顔です!

楽しかったね(^^♪