訓練 着衣水泳 【かつらの木・第2園合同】

かつらの木保育園と第2保育園の年長児が『着衣水泳』を合同で体験しています。

突然水に落ちてしまったらどうする?

「助けを呼ぶ」「泳ぐよ」などの答えが……水の危険から命を守る方法を知らないことに気づきました。

水の中に長袖長ズボン、靴を履いたままで入水。水着とは違った体の重さを感じています。

次は息を確保する姿勢『背浮き』の訓練です。ペットボトルを抱えて浮く感覚を体験します。中には感覚をつかめた子が自力で浮いていました。

浮くためにはペットボトルだけではなく自分の着衣でも浮袋になることを体感しています。服を持ち上げて空気を溜めて水に沈みます。服が膨らみ浮く力を感じました。

無事着衣水泳を体験して記念撮影。みんな今日の訓練を真剣に受け止め頑張ることが出来ました。園長先生からアイスのご褒美も頂きみんなほっとして笑顔です。

最後に水辺に子どもだけで遊びに行かない事を約束しました。