りんご組 玉ねぎ染め

りんご組では、親子クッキングでカレーを作った時にでた玉ねぎの皮を捨てずに玉ねぎ染めに挑戦しています。

玉ねぎの皮を袋に詰めています。「どれぐらい詰めるの?」「玉ねぎのにおいがするね」

そこに熱湯を注ぎました。注いですぐにお湯の色が・・・・「先生紅茶みたいだね」「玉ねぎの香りがすごーいね」

今回は宝船の帆を作ります。白い魔法の水で担任が何やら描き始めました。みんな興味深々で見守ります。染物1日目はこれで終了。一晩おつけおきます。「おやすみなさい」と言って新聞紙をかぶせてくれました。

次の日です。すっかり水の色が深いあめ色に変化しています。

昨日描いた白い布を玉ねぎ液に浸します。そしてまた一晩寝かせます。

3日目、茶色に染まった布がミョウバン水を入れると・・・・鮮やかな黄色になりました。よく水洗いした後干します。

宝船の帆が完成です。玉ねぎでとてもきれいな黄金に染まりました。次回はどんな野菜で何色に染めようかと子どもたちと相談しています。