りんごぐみ 小人の妖精トムテ

りんご組では12月になり一冊の絵本を読み始めました。「トムテ」小人の妖精のお話です。

トムテは子どもが大好きで、いつでもみんなのことを見守ってくれている妖精です。

クリスマスに甘いおかゆを作ってあげて見守ってくれるお礼をするのですが……「おかゆは作れないね」と話す子どもたち。「服がぼろぼろだって」「トムテの服を作ろうよ!」

自分の好きな色のフェルトを選び帽子を作ることになりました。「フェルトを切るのは大変だ!」

「三角にとんがらすの難しいなあ」

一人ひとりのトムテの妖精が出来上がりました。ふわふわのおひげもつけて完成です。

大事そうにもみの木に自分で飾っています。

もちろん!サンタさんにも絵手紙を描きました。自分の名前以外は絵で欲しい物を描きます。絵の具、色鉛筆、クレヨン好きな画材を選んで描いています。サンタさんにみんなの願いが届きますように。